初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

2003年250ccクラス ベストレースの投票実施

2003年250ccクラス ベストレースの投票実施

2003年250ccクラス ベストレースの投票実施

2003年の250ccクラスは、ここ数年見られなかった大混戦が展開され、シーズン最終戦バレンシアGPでルーキーのマヌエル・ポジャーリがチャンピオンに輝いた。

2001年は加藤大治郎が開幕戦から圧倒的な強さを見せ、2002年はマルコ・メランドリーがシーズン中盤から連勝でタイトルを獲得した。 しかし、2003年は安定した走りで高ポイントを連取するロベルト・ロルフォ。スパニッシュコンビのトニ・エリアス&フォンシ・ニエト、そして一発の速さを武器にするランディ・ド・プニエらが元125cc王者とのバトルを演じ、スペクタクロなレースを繰り広げた。

motograndprix.comでは今回、『2003年ベストレース』をユーザーの投票により決定するために、5レースをセレクションしました。最多投票を獲得したレースは、新年1月1日から当時の感動を再現してもらうためにレースビデオを提供します。投票は「コミュニティー」の「アンケート」からアクセスできます。

『2003年ベストレース』のノミネートは次の5レース:

1. 鈴鹿~開幕戦日本GP
決勝: 2003年4月6日
主役: マヌエル・ポジャーリ

波乱の開幕戦となった日本GP。日本人ワイルドカードの青山博一と高橋裕紀、セバスチャン・ポルトが優勝争いを展開する中、23番グリッドからスタートしたポジャーリが250ccクラス初レース初優勝の大逆転を演じた。

2. ヘレス~シリーズ第3戦スペインGP
決勝: 2003年5月11日
主役: トニ・エリアス、ランディ・ド・プニエ、ロベルト・ロルフォ、マヌエル・ポジャーリ

地元ファンにとっては、記憶に残る感動的な激戦。エリアスは負傷に耐えながら、5秒差の逆転に成功し、12万人に膨れ上がったサーキットが最高潮に達した。

3. ル・マン~シリーズ第4戦フランスGP
決勝: 2003年5月25日
主役: トニ・エリアス、マヌエル・ポジャーリ、セバスチャン・ポルト

ポジャーリとポルトのクラッシュでスタートしたル・マン。エリアスはヘレスの勢いを持ち込み、地元初優勝を狙ったド・プニエを振り切った。

4. ザクセンリンク~シリーズ第9戦ドイツGP
決勝: 2003年7月27日
主役: ロベルト・ロルフォ、フォンシ・ニエト、ランディ・ド・プニエ

80戦目の歓喜。ロベルト・ロルフォがニエトとド・プニエを僅か0.3秒差で抑え、ようやく6年目にして表彰台の中央の座を射止めた。

5. リオ~シリーズ第12戦リオGP
決勝: 2003年9月20日
主役:マヌエル・ポジャーリ、トニ・エリアス

夢が崩れたファイナルラップ。逆転タイトル獲得に向けて2連勝を狙ったエリアスだったが、最終ラップにコースアウト。最後までこの0ポイントが響けば、優勝したポジャーリはルーキーシーズン初タイトルに大きく前進した。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›