Tickets purchase
VideoPass purchase

‘シェーキー'・バインが2度目のテストを振り返る

‘シェーキー'・バインが2度目のテストを振り返る

‘シェーキー'・バインが2度目のテストを振り返る

イギリススーパーバイク選手権王者のシェーン・バインが先週、スペイン・バレンシアで2度目のテストを実施した。

チームメイトのジェリミー・マクウィリアムスは不参加だったが、英国人ライダーはMotoGPマシンに慣れるために積極的に走り込み、200ラップ以上を走行。最終日には安定して1分35秒台をマークした。

テストライダーのマルセリーノ・ルッキは2004年型マシンをテストすれば、バインは2003年改良型を使用。「このバイクでの初テスト、初ラップは素晴らしかった。とても速い。今は慣れ始めているところだ。」とテストの第一感想を語る。

「ヘレスではバイクが良く機能し、いいラップをマークした。ここでは幾つか難しいことがあった。コースを把握しているけど、MotoGPマシンで走るのでは全く異なる。僕のライディング特性に適応するよう、セッティングを進めているし、僕はとても前向きだ。セッションごとに異なるセッティングを試した。走り込み、僕の今回の目標は達成した。」

チームメイトのマクウィリアムスに関して、「ナイスガイだ。彼がチームメイトとなることをとても喜んでいる。」と話す。「もちろん、言葉については都合がいいし、親密な関係で仕事ができることを期待している。ジェリミーは他のライダーよりも経験があり、僕にとっては、特に未知なサーキットに関してポジティブだ。」

シェーキーは、ミシュランタイヤ使用について説明を加えた。「これまでは常にダンロップで走ってきたが、ミシュランはこのレベルで独占している。タイヤメーカーの変更に関しては不安はない。僕はMotoGPにいる。目を見開き、聞き、学ぶために注意深く耳を傾けている。最大限に吸収したいし、既にトラックで他のライダーの走行を観察して、幾つかのことを学ぶことができた。」

アプリリアの次回テストは、1月中旬に予定されている。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›