初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャウス:『結果的にドゥカティなんだ』

チャウス:『結果的にドゥカティなんだ』

チャウス:『結果的にドゥカティなんだ』

ルベン・チャウスはスーパーバイク世界選手権時代にクラッシュを連発したことから、スペクタクロなライディングをするライダーと呼ばれてい。しかし、今シーズンは安定性を身につけて、ランク2位を獲得。そして、来シーズンからは最大のライバルであり、チームメイトだったニール・ホジソンと再びコンビを形成し、先週末は、ドゥカティ・ダンティーンから初テストを実施した。

「常にドゥカティとコンタクトを取り、他のライダーのテスト情報を追っていたけど、彼らと一緒に走れたことは素晴らしいかった。」と第一声を述べるスパニッシュライダー。「今日はビアッジに抜かれたけど、実際に比較することができた。これまではテレビで観ていたライダーだ!」

「バイク、そしてチームにとても満足している。新しいバイクでコースを学ぶことは難しい。初テストには多少困難なコースだけど、グランプリの1コースだけに、前進と言えよう。」

スーパーバイク世界選手権出身のライダーに対して、自然に両チャンピオンシップの比較してもらうと、「多くの違いがあるけど、根本的に二輪のバイクである。それに目標は常に速く走ること。このバイクは、ドゥカティのスーパーバイクの発展したのもで、性質は似ている。フロント部分は重量があるが、ハイポテンシャルだ。」と説明した。

「カーボンブレーキのレアクションを把握するのに、少し苦労している。それにバレンシアは、スーパーバイク時代に多くのテストを実施したから、頭にそのイメージがあり、ブレーキポイントをミスしてしまった。その他、走り方そのものはほぼ一緒で、サウンドとパワーは異なるけど、結果的にドゥカティなんだ。ドゥカティはいつも走っていて楽しい。」

チャウスは世界最高峰への参戦はビックチャンスであると肯定した。「並外れた特別な機会であることを十分に把握している。チームはパドック内ではビックではないけど、経験とハートのあるスタッフが揃っている。それに、バイクはトップクラスだ。モチベーションは高いし、全てが同じレベルからスタートする。誰も飛び抜けた位置にいない。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›

motogp.com

14 years ago