初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モリワキ、年間5戦参戦に向けてテスト開始

モリワキ、年間5戦参戦に向けてテスト開始

モリワキ、年間5戦参戦に向けてテスト開始

モリワキエンジニアリングが、2004年シーズンに年間5戦のスポット参戦を計画していることを代表者でありモリワキレーシング監督の森脇護が明かした。

「2004年シーズンは、年間5戦程度のスポット参戦を目指しています。本格的なテストが開始され、MD211VFの完成度を高めていくことが出来ればと、非常に楽しみにしています。」と説明。将来のフル参戦に向け、初の海外テストを実施する。

モリワキは2002年パシフィックGP開催中に、MotoGP参戦計画を発表。2003年はオリジナルシャーシを開発する一方で、日本で開催された開幕戦日本GPと第13戦パシフィックGPの2戦に参戦し、フル参戦に照準を合わせた実戦テストとデータ収集を行った。

そして、2004年初テストを1月20日から3日間、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットでHRCと合同で実施。2回目を2月11日から同サーキットで実行することも決定している。モリワキにとっては、MD211VFでの初の海外テストとなり、参戦した2戦のデータを元に新設計された新型シャーシや、多数の試作パーツを投入したニューマシンの基本性能の確認、ダンロップタイヤのテストなど実施する。

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›