初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青山博一、20日からヘレス・テストに挑む

青山博一、20日からヘレス・テストに挑む

青山博一、20日からヘレス・テストに挑む

青山博一が、20日から2日間の予定で行われるテレフォニカ・モビスター・ジュニア・チームのヘレス・テストに挑む。今回のプライベートテストには、フォルトゥナ・ホンダのロベルト・ロルフォとトニ・エリアスも参加。チームメイトとなる現125ccクラス王者のダニ・ペドロサは、2003年第15戦オーストラリアGPで負傷した両足首骨折のリハビリ中のため、不参加となる。

現全日本250ccクラス王者の青山は、17日の夜にバルセロナに到着。チームマネージャーのアルベルト・プーチの出迎えを受けた。「昨年の最終戦バレンシアGPにはホンダの関係者と一緒に行きましたが、ひとりで海外に行くのは今回が初めて。不安でしたが、プーチさんが迎えに来てくれたりと、常に一緒にいてくれて助かっています。とても感謝しています。昨日は、時差ボケを解消することを含めて、バルセロナの街を案内してくれました。モンジュイックの丘にあるオリンピック・スタジアムやヨットハーバー、アントニオ・ガウディが設計した建造物など、とても魅力的で、同時にカルチャーショックも受けました。もちろん、サクラダ・ファミリア教会も登りました。機会があれば、ゆっくりと観て周りたいです。」

20日から初テストを前に19日の午前中にはカタルーニャ総合スポーツセンターを訪れ、メディカル・チェックを受け、同施設でリハビリ中のペドロサを激励した。「複数の身体機能の計測を受けましたが、このようなテストは初めてです。過去にクリビーレを始め、多くのスペイン人ライダーを指導してきたグティエーレ医師からは、計測したデーターをもとに持久力アップのトレーニングを薦められました。それから、幸いにペドロサにも初めて会うことができました。ナイスガイで、一緒に上手くやっていけると思います。これから、プーチさんと一緒に飛行機でヘレスに行きます。初めての海外サーキット、初めての外国人スタッフとのテストですが、明日からのテストがとても楽しみです。」

2日間のテスト後、青山はレーシングスーツの寸法合わせのためにイタリアに飛び、23日に帰国。2月中旬には再びテストのために、バルセロナに渡る。

Tags:
250cc, 2003, Hiroshi Aoyama

Other updates you may be interested in ›