初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キャメル・ホンダがラインアップを正式発表

キャメル・ホンダがラインアップを正式発表

キャメル・ホンダがラインアップを正式発表

玉田誠が、マックス・ビアッジと共にキャメル・ホンダから2004年シーズンに参戦することが、20日発表された。

キャメルは昨年に引き続き、シト・ポンス率いるチームをサポート。プラマックとの合意により、玉田が加わることが決まった。しかし、ビアッジはミシュランを使用する一方で、玉田は昨年同様にブリヂストンを搭載する。新体制が整ったチームは20日、今年初めてのプライベートテストをセパン・サーキットでスタートさせた。

「このプロジェクトの2年目に入り、好成績を残した昨シーズン後、チームはタイトル獲得を狙います。」とコメントするポンス。「再びキャメルのサポートを受けられることに大変誇りに思います。MotoGPへの総合的な支援、情熱、熱狂、そして経験は私たちのチームだけでなく、チャンピオンシップ全体に価値を与えてくれます。」

「マックス・ビアッジと引き続き一緒に仕事ができることを誇りに思います。疑いなく、正真正銘のタイトル候補者であり、それにマコト・タマダのように将来性有望なライダーを迎えられることを嬉しく思います。」

玉田は新体制の中で、昨シーズン所属したプラマック・レーシングのサポート体制が受けられる。元チームディレクターのルカ・モンティロンは新体制への満足感を表した。「プラマック・レーシングが旗揚げされ、貴重なMotoGPに参戦してから僅か2年。2004年キャメル・ホンダのプロジェクトは、私たちのグループの誇りです。」

「私たちを支援してくれますホンダとブリヂストンという世界ビック2の信頼に感謝しています。これからは権威のあるJTインターナショナルを新しいパートナーとして一緒に活動することができます。私たちのライダー、マコト・タマダは初参戦を経て、大きな野心を抱き、私たちの夢への実現に向けて一緒に戦っていきます。ライダー、タイヤ、マシン、そしてメインスポンサーと100%日本カラーで1勝を狙います。」

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›