初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ、2004年体制を正式発表

ホンダ、2004年体制を正式発表

ホンダ、2004年体制を正式発表

ホンダは3日、都内のホテルで2004年のMotoGPクラスと250ccクラスへのチーム体制を発表した。

ホンダはMotoGPクラスに、昨年16戦中15勝を果たしたRC211Vを6台投入。3チーム体制で最高峰クラス4連覇を目指すことを明かした。会場には、アレックス・バロスがファクトリーチームの「レプソル・ホンダ・チーム」入りが正式決定してから初めて姿を見せれば、昨年2度の表彰台を獲得し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したチームメイトのニッキー・ヘイデン。さらに、昨年2勝を上げたマックス・ビアッジとシーズン2年目を迎える玉田誠の「キャメル・ホンダ」の2人も登場した。

同発表会では、2004年型RC211Vのマシン概要も次のように発表された。

全長: 2.050mm
全幅: 600mm
全高: 1.130mm
車軸距離: 1.440mm
最低地上高: 130mm
重量: 148kg以上
エンジン形式: 4ストローク水冷V型5気筒DOHC4バルブ
排気量: 990cc
最高出力: 240馬力以上
フレーム形式: ツインチューブ
タイヤ: フロント:タイヤ17インチ / リアタイヤ:16.5インチ
サスペンション: フロント:テレスコピック / リア:ユニット・プロ・リンク
燃料タンク容量: 24リットル

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›