Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ・チーム発表会

ドゥカティ・マールボロ・チーム発表会

ドゥカティ・マールボロ・チーム発表会

ドゥカティ・マールボロ・チームが4日、2004年MotoGP体制を発表した。

発表会会場は、イタリアのボローニャ空港内の特別ステージ。数日後の今年初テストのため、マシンはそのままマレーシアに空輸される。

「イタリア、エミリオ・ロマーニャ州、ボローニャ...ここが私たちの根源です。世界中のコースでの勝利を目指すため、ここでインスピレーションと努力、そして情熱を注ぎます。」とドゥカティ・モーター・ホールディング社とドゥカティ・コルセ社のフェデェリコ・ミノーリ社長。「この土地でレース部門を構え、レースに参戦、挑戦、そして成功を収めてきました。今日、2004年MotoGPに向けて、ドゥカティ・マールボロ・チームが発進します。企業サポートとレース部門の創造性と共に、重要な仕事に立ち向かいます。」

ドゥカティ・コルセ社のクラウディオ・ドメニカーリ代表は、2004年ドゥカティ・マールボロ・チームの目標を語った。「獲得した結果は、プロジェクトのベースをより強固としました。これからは、ここから進歩しなければいけません。1年前にくらべて、私たちには強い自信があります。もうすぐ幕が開けるシーズンに向け、私たちは勝利の可能性を持って、チャンピオンシップの主役となると確信しています。成長した自信を持ってスタートしますが、プロジェクトはまだ若く、開発継続中の段階にあることを自覚しています。ロリス、トロイ、そしてビットリアーノを始め、企業全体は引き続き努力していきます。」

ロリス・カピロッシとトロイ・ベイリスのファクトリーライダーは、デスモセディチGP4で新シーズンに挑む。「ロリスとトロイと共に毎レース、際立つ成績を獲得することができます。」とチームマネージャーのリビオ・スッポは断言する。「両ライダーは、ライダーとしての実績だけでなく、情熱と決断力を兼ね備え、常に全力を発揮する能力の持ち主だから、選びました。彼らはデスモセディチの開発プロセスの根本的な役割を果たし、引き続き私たちに大きな満足感をもたらせてくれるでしょう。」

発表会では、04年型デスモセディチが初披露。03年型から斬新且つアグレッシブにモデルチャンジし、エンジンは230馬力以上を擁する。

ニューマシンは5日、2月11日から3日間の日程で予定しているセパン・テストのために空輸され、その後、チームは17日からフィリップアイランドに場所を移し、2度目のテストを実施する。

Tags:
MotoGP, 2003, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›