初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デルビ、初テストに好感触

デルビ、初テストに好感触

デルビ、初テストに好感触

カーハ・マドリード・デルビ・レーシングが5日、スペイン・アルメリアで実施した今年初の3日間のテストを終了。充実したテストプログラムを消化した。

昨シーズン初優勝を飾ったホルヘ・ロレンソは新型シャーシを投入して、参加者ベストの1分42秒3をマーク。チームメイトのアンヘル・ロドリゲスは、仕様違いのエンジンをテスト。満足のラップタイムでテストを終えた。

「この3日間のテストの進展に満足。目標はリズムを取り戻し、テクニカルなテストをすることだった。」と説明するロレンソ。「無傷だったけど、2日目の転倒を除けば、全てが順調だった。最終日には新型シャーシをテストしたけど、いい感じだ。このシャーシで僕のベストラップをマークしたけど、今後のテストを通じて、さらに改良を図りたい。」

「僕たちはいい方向に進んでいると思う。」とロドリゲス。「ホルヘがマークしたラップタイムから、それほど離れていない。僕たちはこのバイクで3年間の経験があることを考慮しなければいけない。アルメリアでは、サスペンションやエンジンなど、多くのテストに取り組み、早期の改良に役立つたくさんのデーターを収集できた。プレシーズンは長いし、重要なのは正しい方向で進むことだ。」

デルビは次回テストを2月17日と18日にカタルーニャ・サーキットで予定している。

3日間の公式ラップタイム:

ホルヘ・ロレンソ (デルビ): 1分43秒0、1分43秒5、1分42秒3
アンヘル・ロドリゲス (デルビ): 1分44秒5、1分43秒5、1分43秒6
ファブリツィオ・ライア (ジレラ): 1分44秒4、1分44秒8、1分42秒8
ステファーノ・ペルジーニ (ジレラ): 1分45秒2、1分44秒4、1分42秒9

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›