初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バロス、復帰ホンダでの初テストをコメント

バロス、復帰ホンダでの初テストをコメント

バロス、復帰ホンダでの初テストをコメント

アレックス・バロスが、1年3ヶ月ぶりにホンダに復帰した。

マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットでスタートした合同テストに参加。肩の負傷回復から、プレシーズン初テストとなったが、RC211Vへの再走行に満足感を表していた。

「僕にとってはハードな1日だった。昨夜は今日のテストのことを考えて、眠ることもできなかったんだ。僕のターゲットは、開幕戦に100%の状態に持っていくこと。今は手術を受けた肩の状態が徐々に回復しているところで、今日はまだプッシュしてテストに取り組んでいない。ここには多くのホンダ関係者が来ていて、僕が落ち着くようにいろいろと配慮してくれた。」と初テストを振り返るバロス。

「約3ヶ月間、バイクに乗っていなかったから、グランプリマシンを走らせる感覚を取り戻すのに多少の時間が必要だ。現段階で、昨年のことは参考にならない。2002年にRC211Vを走らせたとはいえ、全体的に進歩したので、比較することもできない。今日、初テストを終えてばかりだけど、いい感触があり、僕たちにとって素晴らしいシーズンとなると見える。8年間ホンダのライダーとして参戦し、今年が9年目になるけど、初のファクトリーチームからの参戦だ。数年前から知っているスタッフと一緒に仕事ができるけど、今は強く、バランスの取れたチーム作りをする時期にある。」

Tags:
MotoGP, 2003, Alex Barros

Other updates you may be interested in ›