初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ勢、カタルーニャ・テスト実施

ホンダ勢、カタルーニャ・テスト実施

ホンダ勢、カタルーニャ・テスト実施

フォルトゥナ・ホンダとテレフォニカ・モビスター・ジュニアが11日、シリーズ第5戦カタルーニャGPの開催地であるカタルーニャ・サーキットでテストを実施した。

気象コンディションは快晴ながら、風があり、路面温度が上がらない状態だったが、トニ・エリアスは約100ラップと積極果敢に走り込み、終盤には1分47秒9をマークした。

「コースに飛び出す度に、乗り心地が良くなって来ている。特に僕たちのマシンに不適切なコースでも結果を上げる力があった。」とテスト後にコメントするエリアス。「今日のコースは改修工事の影響で、すごく汚れていたけど、ラップタイムは良かったし、前回のヘレスからスタートした仕事の方向性が確認できた。今、今年適応するための03年型のベースが決まったところだ。」

チームメイトのロルフォは77ラップを走行し、昨年の決勝レースでマークしたベストラップと同タイム1分48秒9を記録した。「昨年のグランプリは、いい経験ではなかったけど、今日はコースコンディションが難しかった中で、セッティングを行った。つまり、僕たちはいい仕事をしていると言いたいんだ。でも、まだまだ進歩していかないと。」

テレフォニカ・モビスター・ジュニアでは、125ccクラス王者ダニ・ペドロサがピットボックスに姿を見せたが、現在は負傷した両足首のリバビリ中のため、バイクに乗ることはなかった。"ルーキー"青山博一は、カタルーニャ・サーキットを初テスト。1分49秒9をマークした。「日曜までF-1のテストが開かれていた影響があると思いますが、コースはすごくバンピーで、ビックリしました。テストは昼前からスタートして、16時半ぐらいまで。掴みかけて来たところで終わってしまい、正直もう少しやりたかったです。もう少し走れば、48秒台、47秒台に入れたと思います。」

ホンダの両チームは今週末の14日と15日にバレンシア・テストを実施する。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›