初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カピロッシがトップ/チャウスがハードクラッシュ

カピロッシがトップ/チャウスがハードクラッシュ

カピロッシがトップ/チャウスがハードクラッシュ

ホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、アプリリアが参加しての合同テスト2日目が18日、オーストラリアのフィリップアイランドで行われた。

テスト2日目、ハードなセッションとなったのはドゥカティ勢。新シーズンにデビューを迎えるスパニッシュライダーのルベン・チャウスがクラッシュを喫し、ヘリコプターで病院に収容された。メディカルチャックの結果、幸い大ケガには至らなかった。その後、ロリス・カピロッシが沈んだ雰囲気を一掃するトップタイムをマーク。昨年のオーストラリアGPに予選2番手を獲得した自分のベストラップに接近する1分30秒71を叩き出し、04年型デスモセディチ2度目のテストで、そのポテンシャルを証明させた。

ルーキーのチャウスは、03年型デスモセディチのコントロールを失い、タイヤバリアーに激突。昨年の予選初日に125ccクラス王者のダニ・ペドロサが両足首を骨折し、緊急手術と2週間の治療を受けたメルボルン市内のアルフレッド病院に緊急入院。精密検査の結果、首や背中の打撲が判明したが、今日中に退院する見込みである。

チャウスのクラッシュ発生は12時10分頃。約14時頃までコースが閉鎖された。その期間に気温26度、路面温度38度と前日よりも若干寒いコンディションが回復。王者バレンティーノ・ロッシはリアのバランス調整に専念し、1分30秒に突入してきた。

非公式ラップタイム

ロリス・カピロッシ(ドゥカティ):1分30秒71
バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ):1分30秒75
セテ・ジベルナウ(ホンダ):1分30秒81
コーリン・エドワーズ(ホンダ):1分30秒97
マックス・ビアッジ(ホンダ):1分31秒07
ニッキー・ヘイデン(ホンダ):1分31秒18
玉田 誠 (ホンダ): 1分31秒25
トロイ・ベイリス (ドゥカティ): 1分31秒56
アレックス・バロス (ホンダ) :1分31秒59
ルベン・チャウス (ドゥカティ): 1分31秒64
ニール・ホジソン (ドゥカティ): 1分31秒77
マルコ・メランドリ (ヤマハ): 1分31秒70
カルロス・チェカ (ヤマハ): 1分31秒80
阿部 典史 (ヤマハ): 1分33秒74

2003年PPタイム バレンティーノ・ロッシ: 1分30秒068

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›