初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ勢、上位独占

ホンダ勢、上位独占

ホンダ勢、上位独占

ホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、アプリリアが参加しての合同テス3日目最終日が19日、オーストラリアのフィリップアイランドで行われた。

先週のマレーシアのセパンからスタートした2週間6日間の合同テストで、ホンダ勢がライバルたちを圧倒。マックス・ビアッジを筆頭に、タイムボードの上位を独占した。

「今日のラップタイムとチームとの共同作業に満足しているよ。」とビアッジ。「1台のバイクは安定していて、乗りやすかった。昨日まで、フロントのチャタリングの問題があったけど、2台目のバイクにはその問題がなかったけど、乗り心地があまり良くなかった。そして今日、2台のいいところをミックスしたバイクを仕上げ、25周のレースシュミレーションができた。」

テレフォニカ・モビスター・ホンダの両雄、コーリン・エドワーズとセテ・ジベルナウもレースシュミレーションを実施。2番手と3番手のタイムをマークし、午前中のセッションでテストを打ち上げた。

上空に雲が広がり、気温が下がった最終日、ヤマハ勢は最後までセッションを実行。バレンティーノ・ロッシは4台持ち込んだ中から、気に入ったマシンを選択。ラップタイムの更新には至らなかったが、M1の将来的な性能アップへの可能性に満足感を示した。

ドゥカティのルベン・チャウスとアプリリアのジェリミー・マクウィリアムスの2人は負傷のために、テスト不参加。セパン・テストで肋骨を骨折した最年長のマクウィリアムスは、この日一足先に帰国。また、玉田誠は2日目に予定していたテストプログラムを完了したために、テストを行わなかった。

非公式ラップタイム

マックス・ビアッジ(ホンダ):1分30秒21
コーリン・エドワーズ(ホンダ):1分30秒45
セテ・ジベルナウ(ホンダ):1分30秒60
ニッキー・ヘイデン(ホンダ):1分30秒68
バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ):1分30秒80
アレックス・バロス (ホンダ) :1分30秒88
ロリス・カピロッシ(ドゥカティ):1分30秒97
トロイ・ベイリス (ドゥカティ): 1分31秒64
カルロス・チェカ (ヤマハ): 1分31秒96
マルコ・メランドリ (ヤマハ): 1分32秒00
シェーン・バイン (アプリリア): 132秒28
ニール・ホジソン (ドゥカティ): 1分32秒44
阿部 典史 (ヤマハ): 1分33秒76

2003年PPタイム バレンティーノ・ロッシ: 1分30秒068

Tags:
MotoGP, 2003

Other updates you may be interested in ›