初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM、04年型マシンをシェイクダウン

KTM、04年型マシンをシェイクダウン

KTM、04年型マシンをシェイクダウン

KTMのケーシー・ストーナーとミカ・カリオが週末、スペイン南部のアルメリアでプライベートテストを実施した。

今年初テストは、強風と低温のコンディションに見舞われ、両ライダーは2日間で合計僅か70ラップの走行にとどまったが、テクニカルディレクターのハラルト・バートルは04年型マシンのシェイクダウンに満足感を見せた。

「今回、アルメリアで使用したシャーシは、クリスマス前にテストしたシャーシと似ていますが、サスペンションを改良し、全く新しいエンジンを搭載しました。」と説明するバートル。「エンジンには新しいクランクシフットとバエランスシフトを投入して、パフォーマンスが向上しました。幾つか小さな問題があり、データーを収集しましたが、最終的にはいいテストができたと言えます。マシンはこの時期にしてはコンディションが良く、IRTAテストの前にはさらに改良できることを期待しています。」

バートルは、グランプリ開催地でないサーキットでのテストに加え、プレシーズンの時期に2人のヤングライダーを評価するのは困難だと示す一方で、タイトル候補になるだけの存在能力があることを付け加えた。「現段階で可能性を評価するのは簡単なことではありません。アプリリア勢やホンダ勢が参加する公式テストで明確なアイディアが持てるでしょう。しかし、現時点でケーシーとミカが上位に進出しない理由は見当たりません。グランプリのサーキットで、2人が他のライダーたちと一緒に走るパフォーマンスが見たいです。」

KTMがアルメリアでテストを実施中、アプリリアの宇井陽一、パブロ・ニエト、セルジオ・ガデア、ホンダのアンドレア・ドビツィオーソ、デルビのホルヘ・ロレンソ、アンヘル・ロドリゲスがエストリルでテストを行った。

Tags:
125cc, 2003

Other updates you may be interested in ›