初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MSアプリリア チーム発表会

MSアプリリア チーム発表会

MSアプリリア チーム発表会

MSアプリリアのチーム発表会が3日、サンマリノのカーサル国会議事堂で行われた。

初披露となった新型RSW250は、昨シーズンまでのブラック主体のカラーリングから、ホワイトにイメージチェンジ。さらに、王者マヌエル・ポジャーリの出身国であるサンマリノの国旗が加わり、国の象徴的シンボルとして2連覇を狙う。

アプリリアの会長イバーノ・ベッジオとミス・イタリアのエリオノラ・ペドロンのエスコートを受けて登場したポジャーリは、「昨シーズンは素晴らしかったけど、今は新たな歴史が刻まれる時だ。昨シーズンのことは忘れて、まだ僕は250ccクラスのルーキーだと考えたい。全てが0からのスタート。だから、開幕戦から全力を尽くさなければ。さらに付け加えるならば、プレシーズンのテストからだ。僕たちは戦うチームだが、ポテンシャルがあり、バイクは進歩している。」と新シーズンへの意気込みを語った。

アプリリアレーシングのテクニカルディレクターであるジャン・ヴィットベーンは新型RSW250について、説明する。「今シーズンのレースは非常に激戦であると宣言します。これは250ccクラスにとってはポジティブなこと。勝利をより満喫できるでしょう。私たちは新型シャーシとリアサスペンションを準備しました。ラップタイムとライディングのフィーリングにおいて、アドバンテェージが得られるとライダーたちの意見をもらっています。」

会長イバーノ・ベッジオはタイトル防衛はハードな挑戦であると締め括った。「情熱と挑戦に溢れた混戦のシーズンとなるでしょう。強く、情熱的なライダー、マヌエルと共にシーズンを立ち向かうことに満足しています。」

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›