初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサが大クラッシュ後、250cc初テスト

ペドロサが大クラッシュ後、250cc初テスト

ペドロサが大クラッシュ後、250cc初テスト

初タイトルを獲得した直後に両足首を骨折する大アクシデントを喫した現125ccクラス王者ダニ・ペドロサが6日、スペイン・バレンシアで行われたMotoGP&250ccクラスの合同テストに参加。約4ヶ月ぶりにコースに飛び出した。

新シーズンから250ccクラスに参戦するペドロサは、ホンダ250ccマシンを初ライド。久々の走行にも関わらず、初日トップタイムのトニ・エリアスとフランコ・バッタイーニから僅か0.6秒落ちの1分36秒6をマーク。幸先のいいスタートを切った。

「1日も早くサーキットで走りたかった。最初は難しかったけど、その後は、チームも僕も考えていたよりもいい感触で走ることができた。」と満面の笑みで語るペドロサ。「ステップ・バイ・ステップで行かなくてはいけません。ダニの今日のテストは、長い間のリハビリを考慮すれば、とてもいい出来でした。」とチームマネージャーのアルベルト・プーチは付け加えた。

午後に小雨が降るコンディションでのテストの中、フォルトゥナ・ホンダのロベルト・ロルフォとトニ・エリアスが04年型ホンダRS250RWを初テスト。エリアスが2度の転倒を喫したが、両ライダーは満足感を示した。「このバイクは旧型よりもコンパクトだ。まだ評価を下すのは時期尚早だけど、好印象を得た。」とロルフォは説明する。

アレックス・デボンは転倒により、腕を負傷。明日2日目のテストは不参加となりそうだ。

カンペテーラ・レーシングのシルヴァン・ギュントーリ、ジョアン・オリベ、そしてフランコ・バッタイーニがプレシーズン初テストを行った。

非公式ラップタイム:

トニ・エリアス: 1分36秒3 (91ラップ)
フランコ・バッタイーニ: 1分36秒3 (36ラップ)
フォンシ・ニエト: 1分36秒4 80ラップ)
ダニ・ペドロサ: 1分36秒9 (68ラップ)
青山 博一: 1分36秒9 (84ラップ)
ジョアン・オリベ: 1分37秒0 (47ラップ)
ロベルト・ロルフォ: 1分37秒3 (71ラップ)
チャズ・ディビース: 1分38秒2 (75ラップ)
アレックス・デボン: 1分38秒5 (31ラップ)
シルヴァン・ギュントーリ: 1分39秒4 (61ラップ)
ヨハン・シティーグフェルト: 1分40秒4 (69ラップ)

2003年PPタイム ランディ・ド・プニエ: 1分36秒499

Tags:
250cc, 2003, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›