初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアスが連日トップタイム

エリアスが連日トップタイム

エリアスが連日トップタイム

ホンダとアプリリア勢が参加しての合同テスト最終目が7日、スペイン・バレンシアで行われ、トニ・エリアスが04年型RS250RWで2日間連続トップタイムとなる1分36秒0をマークした。

2番手には、負傷から復帰したばかりのダニ・ペドロサが僅か0.1秒差遅れで入った。「昨日よりいろいろと良くなった。でも、ステップ・バイ・ステップで行かないと。今回のテストで決めた目標はクリアーした。昨日も言ったように、考えていたよりも順調だ。フィジカル面から見れば、まだまだトレーニングを続けないと。」とテスト後に負傷した両足首をアイシングしながら、初テストを振り返った。

04年型シャーシをテストしたフォンシ・ニエトが3番手に入ったが、現在は希望するセッティングを模索している段階であることを認めた。

ニエトとフランコ・バッタイーニの2人は転倒を喫したが、幸い負傷はなかった。しかし、元125ccクラス王者のアルノー・ヴァンサンは右鎖骨を骨折した。「250ccクラスへのステップにとても喜んでいるんだ。次の公式テストまでには(負傷が)回復できると期待している。」

テスト初日に転倒を喫したアレックス・デボンは、肘の骨折より、テストを不参加した。

非公式ラップタイム:

トニ・エリアス: 1分36秒0 (90ラップ)
ダニ・ペドロサ: 1分36秒1 (62ラップ)
フォンシ・ニエト: 1分36秒5 (54ラップ)
ロベルト・ロルフォ: 1分37秒0 (60ラップ)
青山 博一: 1秒37秒0 (80ラップ)
フランコ・バッタイーニ: 1分37秒 (35ラップ)
シンヴァン・ギュントーリ: 1分37秒3 (51ラップ)
アロバロ・モリナ: 1分37秒9 (43ラップ)
チャズ・ディビース: 1分38秒1 (73ラップ)
アルノー・ヴァンサン: 1分38秒5 (50ラップ)
ジョアン・オリベ: 1分38秒6 (90ラップ)
グレゴリー・レフォルト: 1分38秒8 (70ラップ)
ラドミール・ロウス: 1分39秒6 (29ラップ)
エリック・バタイレ: 1分40秒0(69ラップ)
ヨハン・スティグフェルト: 1分40秒4 (69ラップ)

2003年PPタイム ランディ・ド・プニエ: 1分36秒499

Tags:
250cc, 2003, Toni Elias

Other updates you may be interested in ›