初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシア合同テスト: ヘイデンが制す

バレンシア合同テスト: ヘイデンが制す

バレンシア合同テスト: ヘイデンが制す

ホンダ、ドゥカティ、スズキ、プロトンKRが参加しての合同テスト2日目が7日、スペイン・バレンシアで行われ、ニッキー・ヘイデンが1分33秒3のトップタイムをマークした。

「今日は90ラップ以上も走り込み、レースタイヤでセッションの最速ラップをマークした。1分32秒台に突入できると期待していたけど、昨日の雨の影響があった。」と振り返るアメリカンライダー。「全体的に僕たちは大きく進歩した。この後に公式テストを経て、シーズンがスタートする。テストは重要だけど、開幕戦でライバルたちと争う準備は整った。」

ロリス・カピロッシは04年型デスモセディチの開発に専念した。「骨の折れるセッションだった。新しいことがたくさんあり、徐々に良くなって行った。サスペンションとシャーシのセッティングを中心に取り組み、バイクの鋭さが増し、バランスが向上した。ブレーキも良くなった。次のテスト会場であるバルセロナでもこの流れで行きたい。あそこには、いい思い出がある。」

テスト初日にトップタイムをマークしたアレックス・バロスは、負傷した肩の状態が回復してきたことを説明した。「肩は徐々に良くなっている。これからブラジルに戻り、完治に向けて、リハビリに取り組む。2002年シーズン末にRC211Vを駆けたけど、比較するのは難しい。マシンは異なる上、タイヤは当時よりも進歩した。」

04年型V5マシンを投入したプロトンKR。青木宣篤は新型シャーシに手応えを強調した。「2日間、シャーシを中心にセッティングに取り組み、昨年のバイクよりもコーナリングが格段に良くなりました。今年はプレシーズンから新しいバイクでテストが出来、戦えそうです。」

チームメイトのカーティス・ロバーツは、04年型マシンでコースイン直後に転倒。肩を脱臼した。

非公式ラップタイム:

ニッキー・ヘイデン(ホンダ): 1分33秒3 (95ラップ)
ロリス・カピロッシ(ドゥカティ): 1分33秒4 (60ラップ)
トロイ・ベイリス(ドゥカティ): 1分33秒5 (79ラップ)
アレックス・バロス(ホンダ): 1分33秒6 (77ラップ)
ケニー・ロバーツ(スズキ): 1分34秒1 (62ラップ)
グレゴリオ・ラビーリャ(スズキ): 1分35秒0 (56ラップ)
青木 宣篤(プロトンKR): 1分35秒6 (34ラップ)
マルセリーノ・ルッキ(アプリリア): 1分36秒0 (60ラップ)
カーティス・ロバーツ(プロトンKR): 1分36秒8 (17ラップ)

2003年PPタイム バレンティーノ・ロッシ: 1分32秒478

Tags:
MotoGP, 2003, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›