初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヴァンサン、右肩脱臼により公式テスト参加に黄信号

ヴァンサン、右肩脱臼により公式テスト参加に黄信号

ヴァンサン、右肩脱臼により公式テスト参加に黄信号

アルノー・ヴァンサンが8日、母国フランスでメディカル・チェックを受け、右肩が脱臼していることが判明した。

元125ccクラス王者は7日、スペイン・バレンシアでテスト実施中にクラッシュを喫し、当初は骨折の疑いがあった。医師団は全治3週間と診断したが、今月24日からスタートするカタルーニャ公式テストへの参加を視野に入れ、リハビリを開始する。

「クラッシュは僕のミスだった。」と説明するヴァンサン。「コーナーの立ち上がりに、アクセルを開き過ぎ、スリップしてしまった。テストは順調だっただけに残念だ。骨折ではなく、脱臼で、炎症が治まったら、リハビリを開始する。カタルーニャの公式テストには参加したいけど、回復状態次第だ。」

ヴァンサンはエキッピ・ド・フランス-スクラブGPと契約を交わし、先月9日にアプリリア250ccの初テストを実施したばかり。今回でプレシーズン2度目のテストだった。

Tags:
250cc, 2003

Other updates you may be interested in ›