初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ド・プニエ、大躍進のプレシーズンを語る

ド・プニエ、大躍進のプレシーズンを語る

ド・プニエ、大躍進のプレシーズンを語る

タイトル有力候補に昇進したランディ・ド・プニエは、04年型ファクトリーマシンマシンの開発担当を務める一方でヘレスとバレンシアで連日最速ラップを叩き出した。

「確かにプレシーズンはとても上手く行っている。」とmotogp.comにインタビューに応える。「ニューパーツのテストは最終戦の翌日からスタート。1月からは新型シャーシのテストに専念して方向性を探ったけど、ヘレスとバレンシアでは幸運にもスーパーラップをマークすることができた。だけど、僕の仕事はニューパーツの性能チェックとニューマシンの開発なんだ。」

他のライダー同様に、ド・プニエも今月24日からスタートする公式テストを楽しみにしている。「アプリリアのライダーたちとは既に一緒にテストを行い、好調なライダーを確認した。例えば、ポルトだ。それから、ニエトは出だしは苦しんでいたけど、上がって来る。ポジャーリもデ・アンジェリスも同様だ。同じコースで全員が揃う公式テストで、どのような展開が起こるか興味深い。僕にとって未知な存在がホンダ勢だ。まだ彼らと一緒に走っていないからね。いずれにせよ、ハードで...期待大のシーズンだ。」

昨シーズンは3勝を含め9度の表彰台を獲得。最高位ランクの4位を獲得したが、条件が揃う新シーズンはタイトル候補の1人に挙げられる。「アプリリアのファクトリーマシンを使用できるということは、それだけでOKなんだ。それに、とても気に入っているチームから参戦できるのも好条件。いい雰囲気でプロフェショナルなチームだから、自分の仕事に集中できる。数日後のチーム発表会を経て、公式テストに臨む。」

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›