初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホジソン、マン島から抱負を語る

ホジソン、マン島から抱負を語る

ホジソン、マン島から抱負を語る

現スーパーバイク世界選手権チャンピオンとして、チャンピンシップのルーキーとして、新シリーズを迎えるニール・ホジソンがMotoGPに同行するマスコミ関係者を自宅のあるマン島に招待した。

1949年、世界選手権初レースの舞台となったイギリスのマン島。あと6週間後には、2004年の開幕戦が南アフリカで開催され、ホジソンはハードなチャレンジに興奮している。

「困難が待ち構えているけど、開幕戦が待ち遠しい。僕にはMotoGP3年計画があり、もし1年目でトップ3に入れたら、満足さ。世界最高のライダーたちと戦えることは、大きな感動であり、皆から歓迎を受けている。僕の決断は、バレンティーノ・ロッシと似ていると思う。彼はホンダに残留し、勝ち続けることができたし、僕もスーパーバイク世界選手権に継続参戦し、連勝することができた。でも、2人とも挑戦を拒否することはしなかった。ロッシはヤマハに移籍し、僕はMotoGPに参戦する。」

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›