初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、ジェノバから世界航海へ

アプリリア、ジェノバから世界航海へ

アプリリア、ジェノバから世界航海へ

MSアプリリア・レーシングが22日、イタリア最大の海洋都市ジェノバの美しい水族館でチーム発表会を行った。

「リグーリア州で私たちのチーム発表会をすることは、大変光栄です。」とアプリリアの会長イバーノ・ベッジオは冒頭の挨拶で語る。「このプロジェクトを進めるために、新しい235パーツを組み立てました。ここ数年、私たちは素早くバイクを造り上げてきました。MotoGPプロジェクトを発表した時には、同様に造る上げられると考えていましたが、2ストロークエンジンを造り、開発して好成績を上げたスーパーバイク選手権時代のことを忘れます。4ストロークエンジンは極度に複雑です。」と85年からチャンピオンシップ参戦のために投資を開始し、今日04年シーズンへの挑戦を宣言した。

テクニカルディレクターのジェン・ヴィットベーンは、「昨年、選択した幾つかのことが私たちの開発を遅らせましたが、並列3気筒プロジェクトを継続します。」とMotoGPプロジェクトを説明した。

発表会では、カラーリングを一新した04年型RSキューブを初披露。最年長ジェリミー・マクウィリアムスと新人シェーン・バインの英国人コンビも登場した。「新型RSキューブのスピードには正直驚いた。転倒で肋骨を骨折してしまって、まだあまり走りこんでいないけど、今年は自信がある。」と力説し、トップ10入りを狙うことを宣言したマクウィリアムス。

チームメイトの英国選手権スーパーバイク王者のバインは、「テストを実行した全コースで、エンジョイできた。チームは結束しているし、多くのことを経験できるだろう。今週の公式カタルーニャ・テストで、このバイクでの僕の力が測れるだろう。」と抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›