初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

LCR、新カラーリングを発表

LCR、新カラーリングを発表

LCR、新カラーリングを発表

LCRがメインスポンサーであるサフィロ・グループ(イタリアのメガネメーカー)と延長契約を締結。新シリーズからグループの1ブランド『CARRERA』のカラーリングで参戦することが決定した。

昨シーズンまでの黄色と黒から、カラーリングを赤に一新。黄金、もしくは銀のロゴマークが加わる。ランディ・ド・プニエと125ccクラスのロベルト・ロカテリとマッティア・パシーニの3人は、今週から始まる公式テストで、一新されたデザインで登場する。

「数ヶ月前までは、『125ccクラスの祖父』と呼ばれていたけど、今はチャンピオンシップの『最年少チーフ』と呼んでもらわないと(笑)。」と最終戦バレンシアGPで現役から引退したルーチョ・チェッキネロは話す。「ジョークはここまでとして、この10年間の成績と、この感動的なスポーツをエンジョイできたことに幸せに感じる。そして、とてもプロフェショナルな協力者たちと偉大なライダーたちの努力のおかげで、チームを率いるという夢を実現できたことに満足している。」

「特に、ノビー・ウエダに感謝したい。このチームに希望の光を与えてくれた。そして、アレックス・デ・アンジェリスとケーシー・ストーナーの2人は僕と共に125ccクラスに参戦して、ポテンシャルを証明してくれた。最後にランディ・ド・プニエだ。250ccクラスへの参戦という夢を実現してくれた。現在の第一目標は、チーム力をアップすること。昨シーズンの成績を上回ること。そして、ヤングタレントをサポートすること。疑いなく、マッティアは次ぎに続くライダーだ。」

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›