初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式カタルーニャ・テストがスタート

公式カタルーニャ・テストがスタート

公式カタルーニャ・テストがスタート

公式カタルーニャ・テスト・ウィークが23日、スペイン北東部のカタルーニャ・サーキットでスタートした。125ccのセッションには全エントリー34人に、今シーズン数戦のワイルドカード参戦が予定されているドイツ人ライダーのジョージ・フローリッチが参加。シードルフ・レーシングのエクトル・バウベラとアルバロ・バウティスタの2人が初日を制した。

現王者ダニ・ペドロサが250ccクラスへスイッチしたことにより、ナンバー1不在となった初セッションは、快晴に恵まれ、気温20度のコンディションの中、午前10時から午後6時までセッションが行われた。

2年目の昨シーズン、一気に頭角を現してランク3位に入ったバルベラが、気温が下がったセッション終了間際に、1分51秒947をマーク。セッションを終始リードしていたチームメイトのバウティスタとマイク・ディ・メッリオを抑えた。

セッション終了間際には宇井陽一、アンドレア・ドビツィオーソ、そしてロベルト・ロカテリもラップを更新。特に宇井は1分51秒台に突入すれば、ドビツィオーソはホンダ勢のトップタイムをマークした。

KTMファクトリーライダーとして登場したケーシー・ストーナーは8番手。チームメイトのミカ・カリオと合わせて合計200ラップと意欲的に走り込んだ。

この日、公式デビューを飾ったジレラのステファーノ・ペルジーニとファブリツィオ・ライ。デルビのアンヘル・ロドリゲス。アプリリアのマッティア・パシーニらに、2年前にドイツ国内で開催された『レッドブル・ルーキーズ・カップ・トゥ・MotoGP』のプロジェクト卒業生であるフロリッチが初登場した。

125ccクラスのセッションは明日の午前中まで実施され、午後からは250ccクラスのセッションがスタート。MotoGPは26日から3日間のテストが行われる。

125ccクラス 公式ラップタイム:

1.エクトル・バルベラ (アプリリア): 1分51秒947 (69ラップ)
2.アルバロ・バウティスタ (アプリリア): 1分51秒942 (70ラップ)
3.宇井陽一 (アプリリア): 1分51秒992 (56ラップ)
4.アンドレア・ドビツィオーソ (ホンダ): 1分52秒034 (84ラップ)
5.ロベルト・ロカテリ (アプリリア): 1分52秒166 (91ラップ)
6.マイク・ディ・メッリオ (アプリリア): 1分52秒332 (55ラップ)
7.ホルヘ・ロレンソ (デルビ): 1分53秒036 (66ラップ)
8.ケーシー・ストーナー (KTM): 1分53秒092 (93ラップ)
9.フリアン・シモン (ホンダ): 1分53秒249 (88ラップ)
10.ファブリツィオ・ライ (ジレラ): 1分53秒276 (48ラップ)

03年PPタイム パブロ・ニエト: 1分51秒043

Tags:
125cc, 2004

Other updates you may be interested in ›