初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式テスト2日目: シードルフ・レーシングがセッションをコントロール

公式テスト2日目: シードルフ・レーシングがセッションをコントロール

公式テスト2日目: シードルフ・レーシングがセッションをコントロール

先陣を切って行われている125ccクラスの公式カタルーニャ・テスト2日目が24日、スペインのカタルーニャ・サーキットで行われ、スパニッシュヤングライダーのアルバロ・バウティスタがトップタイムをマークした。

初日に引き続き、セッションを制覇したシードルフ・レーシング。03年スペイン選手権125ccクラス王者は、唯一の50秒台となる1分50秒922を叩きだし、一気に1.650秒短縮したジレラのファブリツィオ・ライに0.704秒差をつけた。3番手にはホンダ勢トップのアンドレア・ドビツィオーソが入った。

初日トップのエクトル・バルベラが4番手。00年にタイトルを獲得以来アプリリアに復帰したロベルト・ロカテリと軽量級最年長の宇井陽一までが51秒台で続いた。

テスト2日目はリミット限界までテストに挑んだライダーが多く、クラッシュが相次いだ。新シーズンはマラグーティのファクトリーチームから参戦するガボール・タルマクシは転倒によりバイクが破損。幸い無傷だったが、スイス人ライダーのトーマス・ルティは足の指を骨折。マルコ・ジャンサンティは初日の転倒により手の指を骨折し、クリニック・モービルで治療を受けていた。

125ccクラスのライダーたちはこの後、27日からのヘレス・テストのためにイベリア半島を縦断する。

125ccクラス公式ラップタイム:

1.アルバロ・バウティスタ (アプリリア): 1分50秒922 (43ラップ)
2.ファブリツィオ・ライ (ジレラ): 1分51秒626 (32ラップ)
3.アンドレア・ドビツィオーソ (ホンダ): 1分51秒656 (59ラップ)
4.エクトル・バルベラ (アプリリア): 1分51秒698 (47ラップ)
5.ロベルト・ロカテリ (アプリリア): 1分51秒753 (56ラップ)
6.宇井陽一 (アプリリア): 1分51秒884 (44ラップ)
7.ナイク・ディ・メッリオ (アプリリア): 1分52秒144 (43ラップ)
8.アンドレア・バレリーニ (アプリリア): 1分52秒154 (35ラップ)
9.ジーノ・ボルソイ (アプリリア): 1分52秒503 (42ラップ)
10.パブロ・ニエト (アプリリア): 1分52秒537 (61ラップ)

Tags:
125cc, 2004

Other updates you may be interested in ›