初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ: 「ここまでのところは、悪くないね」

ペドロサ: 「ここまでのところは、悪くないね」

ペドロサ: 「ここまでのところは、悪くないね」

現125cc王者ダニ・ペドロサの公式カタルーニャ・テストの初セッションは、センセーションだった。3月上旬に両足首を骨折したオーストラリアGP以来となる初走行を行い、昨日が250ccマシン2度目のライドとなったが、トップのランディ・ド・プニエから約1秒落ちの1分48秒414をマーク。現250cc王者のマヌエル・ポジャーリやホンダファクトリーの同僚ロベルト・ロルフォを抑えて、4番手に入った。

「まだ自分が上位にいるとは考えていない。他のライダーの方が、僕よりもリズムがある。」とmotogp.comのインタビューに応える。「3~4ラップは走行できるけど、それ以上は無理。まだ、フィジカル面が100%でないから止まらないと。リラックスして、焦らずにやらないと。」

「バレンシアの初テストでも、同じようにコースインとアウトを繰り返した。ゆっくりと少しずつ、落ち着いて取り組みたい。ここまでのところは、悪くないね。バイクをもっと把握する必要があるし、ピットボックスで上手く仕事ができるようにメカニックたちを理解しないと。それに、250ccのライディングに順応しなければいけない。」

独占インタビュー閲覧を希望する方は、ビデオリンクをクイックしてください。

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›