初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

250ccクラス公式テストは雨に中断

250ccクラス公式テストは雨に中断

250ccクラス公式テストは雨に中断

250ccクラスの公式カタルーニャ・テスト2日目が25日、バルセロナ近郊のカタルーニャ・サーキットで行われた。午前10時からスタートしたセッションの終了2時間前、突然の豪雨に見舞われ、コースは完全なウェット状態。テスト中断を余儀なくされ、ピットボック内で待機していたライダーたちは、来週29日からの公式ヘレス・テストのために、荷造りに取り掛かった。

雨が降るまでは好コンディションの中でテストが展開され、初日トップタイムをマークしたランディ・ド・プニエが再びセッションをリード。昨日に引き続き2度目の転倒を喫したが、若干ラップタイムを更新する1分47秒096で、トップのポジションをキープした。2番手にはトニ・エリアスが浮上。今回のテストから投入しているホンダの新型RSWのパフォーマンスに満足感を示していた。

アプリリアのファクトリーライダーたちは、公式ヘレス・テストには参加せず、イタリア・ムジェロでプライベートを実施する。

250ccクラス公式ラップタイム :

1.ランディ・ド・プニエ (アプリリア): 1分47秒096 (67ラップ)
2.トニ・エリアス (ホンダ): 1分47秒311 (58ラップ)
3.セバスチャン・ポルト (アプリリア): 1分47秒526 (49ラップ)
4.マヌエル・ポジャーリ (アプリリア): 1分47秒822 (66ラップ)
5.ダニ・ペドロサ (ホンダ): 1分47秒912 (46ラップ)
8.青山博一 (ホンダ): 1分48秒930 (53ラップ)
19.松戸直樹 (ヤマハ): 1分50秒655 (29ラップ)
27.関口太郎 (ヤマハ): 1分52秒667 (70ラップ)

250ccクラス 2日間総合ラップタイム :

1.ランディ・ド・プニエ (アプリリア): 1分47秒096
2.トニ・エリアス (ホンダ): 1分47秒311
3.セバスチャン・ポルト (アプリリア): 1分47秒422
4.マヌエル・ポジャーリ (アプリリア): 1分47秒822
5.ダニ・ペドロサ (ホンダ): 1分47秒912
6.アレックス・デ・アンジェリス (アプリリア): 1分47秒996
7.フランコ・バッタイーニ (アプリリア): 1分48秒711
8.フォンシ・ニエト (アプリリア): 1分48秒821
9.青山博一 (ホンダ): 1分48秒930
10.アンソニー・ウエスト (アプリリア): 1分49秒000
16.松戸直樹 (ヤマハ): 1分49秒799
27.関口太郎 (ヤマハ): 1分52秒667

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›