Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシが、『ライド・ザ・ワールド』の初受賞者に

ロッシが、『ライド・ザ・ワールド』の初受賞者に

ロッシが、『ライド・ザ・ワールド』の初受賞者に

03年MotoGPチャンピオンのバレンティーノ・ロッシが、MotoGP世界選手権トロフィーの初受賞者となった。

トロフィー名『ライド・ザ・ワールド』は、彫刻家ロレンソ・クイーンの作品。毎年、チャンピオンの名前が刻まれ、03年王者であるバレンティーノ・ロッシの名が既に彫られている。

「気に入った。もっと僕の名を刻みたいね。」と初受賞者となったロッシは、レプリカを手に満面の笑みを浮かべた。「インディーカーのトロフィーを思い浮かべる。とてもいいアイディアだ。キャリアに幕を閉じる前までに、たくさんのレプリカを家に並べたい。」

映画俳優アンソニー・クイーンの息子ロレンソはデザインについて、「僕の全ての作品にはメッセージがあります。彫刻としての芸術作品ではなく、『ライド・ザ・ワールド』は世界チャンピオンの大きな重要性を表現しています。チャンピオンは常に注目を集めますが、それはスポーツ界に限ったことではありません。チャンピオンはコース外でもチャンピオンであり、社会的にも重要なポジションにあります。」

Tags:
MotoGP, 2004, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›