初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

明暗が分かれたドゥカティ・マールボロの2人

明暗が分かれたドゥカティ・マールボロの2人

明暗が分かれたドゥカティ・マールボロの2人

公式カタルーニャ・テスト全日程が終了した後、ドゥカティ・マールボロの両雄、ロリス・カピロッシとトロイ・ベイリスの表情は好対照だった。

カピロッシはタイムセッションで、史上最速となる時速347.4キロを樹立。最速ラップをマークしたバレンティーノ・ロッシから僅か0.3秒遅れの4位に入った。一方でチームメイトのベイリスはコースに撒かれオイルに乗り転倒。崩れたリズムを取り戻せずに19位に終わった。

「セッション、そして僕のラップタイムに満足している。僕たちが正しい方向に進んでいることが確認された。」と強調するイタリアンライダー。「タイムセッションのためにバイクを仕上げ、その効果が発揮された。2日間は悪天候で台無しになってしまったけど、今日から新しいパーツを試し始めている。まだまだテストすることがあるけど、バイクはとても速い。」

オーストラリアンライダーは31日からスタートする公式ヘレス・テストへと、早くも気持ちを切り替えていた。「この段階では、最速ラップよりもセッティングに専念したい。落ち着いて、デスモセディチGP4の細かい調整に集中する時間が必要だ。公式ヘレス・テストは僕たちにとっては根本的な重要なテストとなる。」

Tags:
MotoGP, 2004, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›