初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

曇りに覆われた公式ヘレス・テスト初日、ロッシが再びトップに

曇りに覆われた公式ヘレス・テスト初日、ロッシが再びトップに

曇りに覆われた公式ヘレス・テスト初日、ロッシが再びトップに

公式ヘレス・テストが31日、04年シーズン第2戦スペインGPの舞台となるヘレス・サーキットでスタートした。先週末の公式カタルーニャ・テストでは1日半ほど悪天候のために、セッションはほぼ実行できなかったが、テスト初日も前夜の雨の影響を受けた。

コースが乾き始めると、不参加のアプリリア勢を除いた全チームが、公式タイムセッションの勢いを持ち込むと、王者バレンティーノ・ロッシはヤマハM1で限界を追求。昨年決勝レースでマークした最速ラップ(1分42秒788)を更新する1分42秒656を記録し、ライバルたちを圧倒した。

セッション終了30分前には再び雨が降り始め、タイムアタックが実現できなかったが、2番手にはケニー・ロバーツが進出。まだ足首の負傷が完治していないジョン・ホプキンスも6番手と、開発が著しいスズキとブリヂストンのコンビが、新シーズンに向けて存在感をアピールした。

ホンダ勢のトップは、コーリン・エドワーズ。カルロス・チェカ、アレックス・バロスと続き、カワサキの中野真矢が7番手と、新型ライムグリーンのマシンが確実に進歩していることを披露した。

ドゥカティ勢は揃って低迷。現スーパーバイク世界選手権王者のニール・ホジソンが最高位の13番手だったが、ファクトリーライダーのロリス・カピロッシとトロイ・ベイリスの2人は、それぞれ16番手と17番手だった。

公式ヘレス・テストは明日1日まで実施されるが、再び雨が予報されている。

公式ヘレス・テスト MotoGPクラス初日:

1. バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ): 1分42秒656 (39ラップ)
  2. ケニー・ロバーツ (スズキ): 1分42秒761 (39ラップ)
3. コーリン・エドワーズ (ホンダ): 1分42秒771 (40ラップ)
4. カルロス・チェカ (ヤマハ): 1分42秒927 (50ラップ)
5. アレックス・バロス (ホンダ): 1分42秒974 (43ラップ)
6. ジョン・ホプキンス (スズキ): 1分43秒314 (47ラップ)
7. 中野 真矢 (カワサキ): 1分43秒386 (40ラップ)
8. セテ・ジベルナウ (ホンダ): 1分43秒408 (30ラップ)
9. ニッキー・ヘイデン (ホンダ): 1分43秒457 (43ラップ)
10.玉田 誠 (ホンダ): 1分43秒541 (40ラップ)
11.マックス・ビアッジ (ホンダ): 1分43秒980 (40ラップ)
12.アレックス・ホフマン (カワサキ): 1分44秒009 (49ラップ)
13.ニール・ホジソン (ドゥカティ): 1分44秒140 (45ラップ)
14.マルコ・メランドリ (ヤマハ): 1分44秒470 (55ラップ)
15.グレゴリオ・ラビーリャ (スズキ): 1分44秒494 (48ラップ)
16.ロリス・カピロッシ (ドゥカティ): 1分44秒544 (27ラップ)
17.トロイ・ベイリス (ドゥカティ): 1分44秒595 (45ラップ)
18.ルベン・チャウス (ドゥカティ): 1分44秒662 (50ラップ)
19.阿部 典史 (ヤマハ): 1分45秒564 (47ラップ)
20.ビットリアーノ・グアレスキー (ドゥカティ):1分48秒730 (29ラップ)
21.青木 宣篤 (プロトンKR): 1分49秒414 (16ラップ)

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›