初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

最終日も雨でプログラム消化できず

最終日も雨でプログラム消化できず

最終日も雨でプログラム消化できず

公式ヘレス・テストの最終日が1日、スペインのヘレス・サーキットで行われた。

開幕戦前の最後のセッションとして好天候を期待していたが、予報通りにスペイン南部は雨に見舞われた。しかし、参加21人中15人のライダーが、ウェットコンディション用のセッティングとタイヤテストに取り組んだ。

ルベン・チャウスは、デスモセディチにおけるウェット・コンディションでの感触を掴もうと一番にコースイン。午後には、マックス・ビアッジが39ラップを走り、トップタイムとなる1分53秒834をマークすれば、ファクトリーの同僚ニッキー・ヘイデンは、最多の43ラップを走行した。

ノリックこと阿部典史は2度、ヘイデンとチャウスもそれぞれ1度の転倒を喫した。初日、コースレコードを更新したバレンティーノ・ロッシもオフトラックに進入した。

セテ・ジベルナウはコースコンディションだけでなく、体調も完璧な状態でないことから、テストを見送った。「微熱があるんだ。だけど、開幕戦には大丈夫。先週末のカタルーニャ・テストと今日のヘレス・テストは、悪天候のために、レース・シュミレーションが台無しになってしまった。でも僕は、自信がある。モチベーションも高い。」

先週末から続いていた公式テストの全日程が終了。次ぎのMotoGPアクションは、04年シーズン開幕戦南アフリカGP(決勝4月18日)となる。

公式ヘレス・テスト MotoGPクラス2日目:

1. マックス・ビアッジ (ホンダ): 1分53秒834 (39ラップ)
2. ルベン・チャウス (ドゥカティ): 1分54秒907 (29ラップ)
3. トロイ・ベイリス (ドゥカティ): 1分55秒017 (30ラップ)
4. アレックス・バロス (ホンダ): 1分55秒544 (13ラップ)
5. ニッキー・ヘイデン (ホンダ): 1分58秒695 (43ラップ)
6. ケニー・ロバーツ (スズキ): 1分58秒751 (7ラップ)
7. マルコ・メランドリ (ヤマハ): 1分59秒117 (36ラップ)
8. ビットリアーノ・グアレスキー (ドゥカティ):1分59秒783 (24ラップ)
9. カルロス・チェカ (ヤマハ): 2分00秒147 (17ラップ)
10.バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ): 2分00秒997 (19ラップ)
11.ロリス・カピロッシ (ドゥカティ): 2分01秒138 (13ラップ)
12.玉田 誠 (ホンダ): 2分02秒138 (20ラップ)
13.阿部 典史 (ヤマハ): 2分02秒240 (13ラップ)
14.グレゴリオ・ラビーリャ (スズキ): 2分03秒219 (9ラップ)
15. ジョン・ホプキンス (スズキ): 2分08秒494 (13ラップ)

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›