初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カーティス、開幕戦デビューへ

カーティス、開幕戦デビューへ

カーティス、開幕戦デビューへ

負傷していたカーティス・ロバーツが、開幕戦南アフリカGPでMotoGPデビューすることが明らかになった。プロトンV5のシェークダウンが実施されたバレンシア・テストでクラッシュを喫したことから、肩を痛めて公式テストを不参加。治療に専念していた出身地カルフォルニアから、ウェルコムに乗り込む。

25歳のカーティスは、100%まで負傷が完治していないが、開幕戦に参戦することを強調した。「常に自分の負傷具合を分析することにしている。昨年、初めて肩を脱臼した時は最悪だったけど、僅か2週間で復帰することができた。今回はまだ力が完全に戻っていないけど、順調に回復している。」

「まだ、新型マシンをライドしていないけど、南アフリカGPに参戦することを決めた。まだマシンはベストのコンディションでないようだけど、数週間よりも進歩していることを期待している。とにかく、走りたい。」

2代目となるプロトンV5は、高技術を駆使し大幅に改良された車体に、強化されたエンジンが搭載される。チームオーナーのケニー・ロバーツは、新型マシンへの期待を示す一方で、「私たちにとって、レースはまだ時期尚早です。」と説明する。

「この新型マシンの初走行の時には、ファンは感動するでしょう。素晴らしいマシンで、今までに制作した中で過去最高のマシンです。」

「問題は、新しいエンジンはコンピューターのシミュレーションで予想していたレベルにまで達していないことです。原因究明の作業に取り組んでいますが、時間が必要です。」

Tags:
MotoGP, 2004, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›