初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロカテリが復帰をアピール

ロカテリが復帰をアピール

ロカテリが復帰をアピール

04年シーズン開幕戦南アフリカGPの予選初日が16日、ウェルコム郊外のパキサ・フリーウェイで行われ、00年王者のロベルト・ロカテリが暫定ポールポジションを獲得した。

イタリアンライダーはタイトル獲得後、2年間250ccクラスに挑戦。昨年は新規参戦のKTMプロジェクトに加わったが、今年は再び頂点を極めたアプリリアのファクトリーマシンを得ると、プレシーズンの勢いを持ち込み、タイムアップ寸前のタイムアタックで1分41秒522をマーク。2番手のドンドレア・ドビツィオーソに0.568秒差と大きく引き離した。

昨年はこの舞台で自己ベスト2位を獲得したドビツィオーソは、終始セッションをリードすれば、参戦2年目のKTMを駆けるミカ・カリオが3番手。スティーブ・イェンクナーが4番手に入った。

5番手以降にはパブロ・ニエト、エクトル・バルベラ、マイク・ディ・メッリオ、ミルコ・ジャンサンティ、アルバロ・バウティスタ、マルコ・シモンセリが続き、昨年のポールシッター宇井陽一は14番手だった。

Tags:
125cc, 2004, BETANDWIN.COM AFRICA'S GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›