初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

王者ロッシ、ヤマハで初ポールポジション

王者ロッシ、ヤマハで初ポールポジション

王者ロッシ、ヤマハで初ポールポジション

04年シーズン開幕戦南アフリカGPの予選2日目が17日、フリー州ウェルコム郊外のパキサ・フリーウェイで行われ、03年王者のバレンティーノ・ロッシがヤマハ移籍後の初グランプリで初のポールポジションを獲得。同時に、02年11月最終戦バレンシアGP以来のトップグリッドをヤマハにもたらした。

セッションラスト10分を切り、カワサキからデビューする中野真矢が、暫定ポールポジションタイムを更新したあたりから、エキサイティングなタイムバトルがスタートした。マックス・ビアッジ、セテ・ジベルナウ、そしてニッキー・ヘイデンが次々にトップに立つが、ロッシがスペクタクロな2ラップ連続のトップタイムを連発。昨年ジベルナウがマークしたポールポジションタイムを0.527秒上回る1分32秒647を叩き出し、昨年第15戦オーストラリアGPから続く3戦連続ポールポジションを獲得した。明日の決勝レースでは、ヤマハとしては02年10月マレーシアGP以来の優勝と、過去に唯一4年連続開幕制覇を達成したバリー・シーン以来の記録に挑む。

昨年のランク2位ジベルナウと3位ビアッジがロッシと共にフロントロー(レギュレーション変更により4台から3台)並べば、セカンドローにはヘイデン、コーリン・エドワーズ、中野真矢が、サードローにはマルコ・メランドリ、アレックス・バロス、そしてロリス・カピロッシが続く。

スズキ勢のケニー・ロバーツとジョン・ホプキンスの2人が揃って10位と11位。2年目の玉田誠と共にブリヂストンユーザーが4列目に並べば、カワサキのアレックス・ホフマンがルーキー勢トップの13位。現スーパーバイク世界選手権1・2位コンビのニール・ホジソンとルベン・チャウスは15位と16位。レギュラーライダーに復帰したノリックこと阿部典史は18位。開幕戦からプロトンKRの4ストロークマシンを駆ける青木宣篤は20位で、明日の決勝レースを迎える。

Tags:
MotoGP, 2004, BETANDWIN.COM AFRICA'S GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›