初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサがデビューウィン!

ペドロサがデビューウィン!

ペドロサがデビューウィン!

04年シーズンの開幕戦南アフリカGPの決勝レースが18日、ウェルコム郊外のパキサ・フリーウェイで行われ、現125ccクラス王者のダニ・ペドロサが最終コーナーでランディ・ド・プニエを抜き、250ccクラスでデビューウィンを飾った。

終始ド・プニエとペドロサのテール・トゥ・ノーズのバトルが展開。ラスト5ラップからは、両雄は激しく火花を散らした。ペドロサは昨年マレーシアGPでタイトルを獲得した5日後に、両足首を骨折するクラッシュを喫したが、この冬のリハビリと250ccクラスへ向けてのトレーニングに専念。走り込み不足が心配されていたが、最後まで集中を切らさず、フレンチライダーと優勝争いを繰り広げた。

決勝レースは、2番グリッドのセバスチャン・ポルトが1コーナーを抑えたが、2ラップ目にコースアウト。22位まで順位を落としたが、驚異的なポジション奪回で、最後はトップから5.8秒差の3位表彰台を獲得した。

現王者のマヌエル・ポジャーリとルーキのアレックス・デ・アンジェリスが4位と5位に入れば、プライベートライダーのアレックス・デボンがフォンシ・ニエト、トニ・エリアス、ロベルト・ロルフォを抑えて6位でフィニッシュした。

世界舞台にフル参戦デビューした青山博一は11位。松戸直樹と関口太郎はそれぞれ18位と22位だった。

Tags:
250cc, 2004, BETANDWIN.COM AFRICA'S GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›