初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エックル、満足の開幕戦

エックル、満足の開幕戦

エックル、満足の開幕戦

カワサキ・レーシングのチームマネージャーであるハラルド・エックルが、レースウイークを通じて進歩した中野真矢とアレックス・ホフマンのパフォーマンスに満足していた。中野は、カワサキが最高峰クラスに復帰してから予選最高の6番グリッドを獲得。ホフマンも転倒を喫したが、随所に好アクションを披露した。

「アレックスには申し訳ないと思っています。予選ではシンヤのタイムに接近してポテンシャルの高さを、決勝レースではポイントを獲得する実力を見せてくれました。」とレース後に説明するエックル。

「彼は土曜の公式予選の転倒から不運が続き、決勝レースでもスタートミスを挽回しようとポジションを奪回している時にクラッシュを喫してしまいました。」

「全体的には、シンヤが獲得した成績にとても満足しています。予選ではファンタスティックなグリッドを獲得しましたが、順位をキープするのは困難であることは把握していました。トップ10以内でのフィニッシュを期待していました。順位は近かったですが、非常に近かったわけではありません。」

「私たちを含めて冬期期間中に全てのチームが成長しましたが、トップライダーたちとの差は縮まっていません。チャンピオンシップのレベルの高さを証明しました。レースウイークのパフォーマンスから、私たちは今後の展開を考えることができます。特に次戦のヘレスは、公式テストで満足な結果を残しました。」

Tags:
MotoGP, 2004, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›