初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

元125cc王者ヴァンサンが250ccクラスデビューを自己評価

元125cc王者ヴァンサンが250ccクラスデビューを自己評価

元125cc王者ヴァンサンが250ccクラスデビューを自己評価

アルノー・ヴァンサンが、開幕戦の舞台パキサ・フリーウェイで250ccクラスデビューを果たした。今シーズンはアプリリアのプライベートマシンを駆け、地元フランスのエキップ・ド・フランス-スクラブGPから参戦。初のカテゴリーへの挑戦と戦闘力の劣るマシンという環境から、控えめな目標を掲げている。

「経験することがたくさんあるけど、もし順調にクラスに適応して、レベルの高いバイクに乗れば、今後のレースでは簡単に上位へ進出できるだろう。」と語る元125ccクラス王者は予選は24番手の6列目からデビューレースを迎えた。

「予選は全く上手く行かずに後方からのスタートとなったけど、13位でフィニッシュでき、ポイントを獲得できてとても嬉しい。その上、かなり速いペースで周回を重ねることができた。クラス初レースということを考慮すれば、自己評価は満足するものだ。」

Tags:
250cc, 2004

Other updates you may be interested in ›