初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

加藤大治郎の夢は『DAIJIRO CUP』へ

加藤大治郎の夢は『DAIJIRO CUP』へ

加藤大治郎の夢は『DAIJIRO CUP』へ

MotoGPコミニュティーは1年前に亡くなった加藤大治郎を偲び、先週末に開催された南アフリカGPのパドックでは1分間の黙祷が行われた。そして日本では加藤のスピリッツが、特に小さな子供たちの間に芽生えてきた。

昨年、加藤は競技者人口が下降気味にある日本のモーターサイクル界の現状を知り、多くの子供たちにバイクの楽しさを知ってもらおうと、ポケバイレース『DAIJIRO CUP』を加藤自身が少年期に走っていたサーキット秋ヶ瀬で立ち上げた。

そして、今年2月末に全6戦で展開される2シーズン目が開幕。加藤が250ccクラスとMotoGPクラスに使用していた当時のマシンと同じカラーリングのポケバイが数多く登場と、オープン30/40決勝では長島テツ君(11歳)が優勝。ノーマル30/40クラスAグループでは石塚智君(8歳)が、Bグループでは毛塚大暉(6歳)がそれぞれ優勝を飾った。

加藤の夢が生きている『DAIJIRO CUP』のビデオ閲覧を希望される方は、ビデオリンクをクイックしてください。

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›