初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ&プーチの歴史的勝利

ペドロサ&プーチの歴史的勝利

ペドロサ&プーチの歴史的勝利

昨年の第14戦マレーシアGPで125ccクラスのタイトルを獲得した直後のオーストラリアGP初日のフリー走行中に、両足首を骨折するアクシデントに見舞われてから丁度6ヵ月後、ダニ・ペドロサは04年シーズン開幕戦南アフリカGPで250ccクラスデビューを優勝で飾り、クラス史上最年少優勝者(18歳7ヶ月11日)となった。

「とても嬉しい!僕もチームもこの優勝に驚いていたよ。」と喜びティーエイジャーは、長いリハビリ期間中、常に支えてくれたチーム、ホンダ、テレフォニカへの感謝の言葉を繰り返していた。そして、次戦の舞台となるヘレスに向けて、「ヘレスはこの冬にテストを実施したけど、それはもう一度驚きが起こるというわけではない。僕たちはできることをするだけさ。」と話す。

テレフォニカ・モビスター・アクティバ・カップからペドロサを指揮するアルベルト・プーチは、「ファンタスティックでした。私たちはすごく幸せです。」と振り返る。「優勝できるなど予想もしていなかったです。レースにゆっくりと適応して行くことを望んでいましたが、このようなことが起こってしまいました。」

二人三脚で頂点まで上り詰め、さらに中量級へ挑戦する2人のインタビュービデオ閲覧を希望する方は、ビデオリンクをクイックしてください。

Tags:
250cc, 2004, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›