初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「タイトル争いのポジジョンにいたい」

ロレンソ:「タイトル争いのポジジョンにいたい」

ロレンソ:「タイトル争いのポジジョンにいたい」

昨シーズン、ダニ・ペドロサが初タイトルを獲得。パブロ・ニエトが75戦目に初優勝。エクトル・バルベラが2年目に2勝。そして、史上最年少デビュー記録保持者のホルヘ・ロレンソが、参戦26戦目のリオGPでスペイン史上最年少の優勝者となった。

初の表彰台が最も高いところとなったロレンソは、昨シーズン後半は安定して上位争いに加わった。そして3シーズン目は、タイトル獲得に挑む。

・・・デルビ・レ-シングから、どのように3シーズン目を迎えようと考えているかい?
「昨年の終盤のように素晴らしいリザルトをシーズンを通して獲得できるように、意欲と希望を持って取り組みたい。03年はたくさんの問題を抱えながらのスタートで、ペースを掴むのに苦労したけど、終盤には僕たちに相応しい上位のポジションに進出できた。優勝して、ポールポジションや最速ラップも獲得したけど、ベストライダーになるために戦えたのが良かった。」

・・・今シーズンの唯一の目標はタイトル争い?
「タイトル争いをしたい。タイトル獲得はたくさんの要因次第で、125ccクラスはイコール状態なんだ。目標は緒戦からトップグループに位置すること。そして安定して走り、あまり転ばないようにしないと。全てが上手く行けば、上位に進出できるけど、ライバルがたくさんいる。」

・・・昨年の経験から成長したことは?
「大きく成長したのは『頭』だね。困難なことを取り除いて、ベストライダーたちと一緒に走れることに気付いた。リオで初優勝してから、僕の成績が急激に良くなった。僕たちは安定して表彰台を争えるんだ。」

・・・君のライバルは?
「これについて考えることを止めることができないんだ。2、3レースでは何とも言えない。10~12人は優勝できる力があるし、その中で安定するライダーがタイトルを争うことになるだろう。カタルーニャとアッセンあたりで、誰がタイトル候補なのか具体的になるだろう。」

Tags:
125cc, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›