初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPフェスティバルが欧州大陸上陸

MotoGPフェスティバルが欧州大陸上陸

MotoGPフェスティバルが欧州大陸上陸

MotoGPパドックが、ヨーロッパラウンドの幕開けを告げるスペインGPの開催地ヘレス・サーキットに上陸した。今週末で18年連続のグランプリを迎え、既に12.5万枚のチケットが完売された。

2週間前の開幕戦南アフリカGPで、ライバルのマックス・ビアッジを僅少差で抑えてヤマハデビューを優勝で飾った王者バレンティーノ・ロッシは、得意のコースで連勝を狙う。

「ヘレスは大好きなサーキット。僕のスタイルにピッタリ合うコースの1つだ。」とヘレスで通算5勝を挙げているロッシは話す。「ここで思いっきりエンジョイしたい。3月末にここで行われた公式テストでは、僕たちは上手く走れた。とても難しい展開となるだろうけど、素晴らしいレースで優勝争いをしたい。」

ヘレスでは01年から3連覇と圧倒的な強さを見せるロッシだが、対照的にヤマハは98年にエディー・ローソンが優勝した1勝のみ。ここ10年間では表彰台獲得は僅か4度と、理論的に不利な中でレースウイークを迎える。一方でホンダ勢は過去17戦中14勝と圧倒的な支配権を握っている。

統計面からライバルのマックス・ビアッジが有利と見られるが、ロッシの得意コースでのレースだから、厳しいバトルになることを語った。「冬期プレシーズンでは、ロッシが最速だった。全セッションで彼が上位に位置しても決して驚くことではない。僕たちにとって重要なのは、セッティングの問題を解決し、日曜の決勝レースに向けて戦闘力を完璧に整えることだ。」

12万人以上の観衆が押し寄せ、地元のヒーローであるセテ・ジベルナウとカルロス・チェカ、そしてMotoGPライダーとしてファンの前にデビューするルベン・チャウスの3人へ大声援が送られる。しかし、声援は時にプレッシャーとなり、97年から3連覇を果たしたアレックス・クリビーレ以来、スペイン勢は優勝から遠ざかっている。

Tags:
MotoGP, 2004, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›