初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マクウィリアムスが、英国でのMotoGPブームを説明

マクウィリアムスが、英国でのMotoGPブームを説明

マクウィリアムスが、英国でのMotoGPブームを説明

4ストロークマシンの投入により、イギリスを代表するタレントたちがMotoGPに参戦する切っ掛けとなった。今イギリスでは、かつての黄金時代が甦ることに期待が高まっている。

スーパーバイク世界選手権王者ニール・ホジソンと英国スーパーバイク選手権王者シェーン・バインの両雄は、英雄バーリー・シーン以降、イギリスを代表して世界最高峰舞台に挑戦しているジェリミー・マクウィリアムスに合流した。

チャンピオンシップ最年長、40歳のマクウィリアムスは、250ccクラスにデビューしてから11年間、第一線で活躍。ワールドワイドなスポーツにおいて、今、イギリス人たちがその真価を発揮する時だと語った。

「理由は分からないが、現時点でイギリスはMotoGPに大きな関心を寄せている。」と話すマクウィリアムス。

「僕にとってはもちろん、ファンタスティックなこと。そして、母国の代表者になることは魅力的だ。イギリス人ライダーとして走る時に、まず最初に考えることは全ライバルを破ることだ。僕はとてもいい時期にここにいると思うし、僕の年齢でファクトリーマシンを走らせることは大変名誉なことだ。このまま順調に行けば、もう少し継続参戦できるだろう。」

「短期的な目標は言えば、戦闘的になること。誰が側にいようが、周りにいようが、関係ない。最善を尽くさなければいけないということだ。シェーンは、誰よりもいいアクションを見せている。」

「現状、僕も彼もあまり調子が良くないけど、数週間後には大きく改善されるだろう。ムジェロには準備を整えて臨みたい。僕たちにとっては、ホームグランプリなんだ。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAND PRIX POLINI DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›