初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ル・マン、新しいバトルへ準備OK

ル・マン、新しいバトルへ準備OK

ル・マン、新しいバトルへ準備OK

フランスでは、モータースポーツとしてだけでなく、スポーツイベントとして重要な位置付けにあるMotoGP世界選手権が、レーシングシティーとして有名なル・マンにて、5年連続16度目の開催を迎える。前戦スペインGPは豪雨に見舞われ、フランスGPも2年連続レインレースで行われているが、予報では今週末は好天に恵まれ、過去最大の観衆が期待されそうだ。

今回、大会運営は低年齢層に、よりモータースポーツへの関心を高めようと、さまざまなプロモーションを展開する。特に16歳以下の子供たちには18歳以上の大人が同伴すれば、入場は無料となるほか、金曜と土曜にはパドック入場も許可され、日頃テレビや雑誌でしか見ることができない憧れのライダーたちに会う機会が設けられる。

2週間前に地元スペインGPで悲願の優勝を飾り、ポイントランク1位に初めて踊り出たセテ・ジベルナウは、最高の気分でル・マン入り。日曜の決勝レースでは、昨年の優勝再現に挑むことを強調した。

「僕にとっては新しい環境で、このような状況になることをずっと待っていたんだ。気分はすごくいいよ」とスパニッシュライダーは満面の笑みで話す。「余分なプレッシャーがかからないこと。そして、ここで好レースを披露することを期待している。」

「実はル・マンは全く好きじゃないサーキットだったけど、昨年は優勝したし、その翌日はドライコンディションで実施したテストでも上手く走れたから、違った印象があるんだ。今では好きなサーキットだと言えるよ。この日曜の決勝レースが雨だったら、少しがっかりするだろう。もうウェットでは強いライダーだと証明したからね。ドライでも同じように戦えることを見せたい。この前のレース後のテストは順調だったし、自信がある。今年はドライで走りたいし、好天候に恵まれることを祈るよ。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAND PRIX POLINI DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›