初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スパニッシュライダーが1・2位フィニッシュ

スパニッシュライダーが1・2位フィニッシュ

スパニッシュライダーが1・2位フィニッシュ

04年シリーズ第3戦フランスGPの決勝レースが16日、ル・マンのブガッティ・サーキットで行われ、セテ・ジベルナウが前戦スペインGPに続き、2連勝を飾った。

気温24度。路面温度35度。快晴のドライ・コンディションに恵まれた中、2番グリッドのカルロス・チェカが好スタートを切り、レースをリードした。しかし、12ラップ目背後にピッタリと追走していたジベルナウが、トップに踊り出ると、終盤には最速ラップをマーク。昨年のウェットレースに続き、2年連続してル・マンを制覇した。

チェカは02年9月のポルトガルGP2位以来の表彰台を獲得すれば、マックス・ビアッジは序盤2人のスペイン人ライダーに遅れたが、1分34秒台を連発して3位に浮上。ゴールラインまでチェカを追い詰めた。

王者バレンティーノ・ロッシは午前中のウォーミングアップ中に、昨年7月のドイツGP初日のフリー走行以来の転倒を喫し、スタート直前のウォーミングアップラップではスタートミスを起こしたが、決勝レースでは終始安定した走りを見せると、終盤にはビアッジにプレッシャーをかけ、2戦連続4位でフィニッシュした。

コーリン・エドワーズは、マルコ・メランドリとのバトルを制して、キャリア最高位の5位を獲得。アレックス・バロスとトロイ・ベイリスが続き、終始ドゥカティのファクトリーライダー2人と闘っていた玉田誠は9位に入った。ピットレーンからスタートした青木宣篤は17位だった。

阿部典史は、2ラップ目にジョン・ホプキンスとニール・ホジソンと多重クラッシュを喫し、中野真矢は17ラップ目にマシントラブルによりリタイヤした。

ポイントランクは、2連勝のジベルナウが25ポイントを加算して通算66ポイント。2位のビアッジに10ポイント差。3位のバレンティーノに15ポイント差とリードを広げた。

Tags:
MotoGP, 2004, GRAND PRIX POLINI DE FRANCE, RAC

Other updates you may be interested in ›