初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マクウィリアムス、ジャンプスタートを否定

マクウィリアムス、ジャンプスタートを否定

マクウィリアムス、ジャンプスタートを否定

ジェリミー・マクウィリアムスは、レース委員会からジャンプスタートを科せられたことに異議を唱えた。チャンピオンシップ最年長ライダーは、シグナルの赤が消える前にスタートしたと判定され、レース中にピットストップを命じられた。

「正直、これは不当だ。ジャンプスタートは断じてしていない」と強調するマクウィリアムス。「極度に疲れるまで口論しようではないか。大きく譲ったとして、クラッチを入れた際に1センチほど動くことがあるが、これはジャンプスタートではない。」

「多くのライダーが完走できず、ポイントを奪取できたことはラッキーだったが、できれば他の方法でポイントを奪取したい。もう二度とこんなことは見舞われたくない。」

そして、マクウィリアムスは走行中におけるレースディレクションの指示が的確でなかったことを明らかにした。「右コーナーの入り口前、つまりピットレーンの終わりにジャンプスタートの表示があったようだが、そこで右側を見ることはない。」

「ピットボックスからピットインの指示があり、そのラップはオイル漏れか、何かトラブルが発生したと考えていたけど、まさかジャンプスタートとは全く考えもつかなかった。」

「最終的には3ポイントを奪取した。4、5ポイントは奪取できただろうけど、これを受け入れた方がいいだろうし、その内ポイントを奪取できる時期が来る。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAND PRIX POLINI DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›