初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ベイリス、手応えのテスト

ベイリス、手応えのテスト

ベイリス、手応えのテスト

トンネルに入っていたトロイ・ベイリスに、ようやく出口が見えてきた。第3戦フランスGP終了翌日に行われたMotoGPの合同テストに参加したドゥカティのファクトリーチームは、03年型と04年型のマシン比較テストに取り組み、オージーライダーはセテ・ジベルナウがマークした新ポールポジションタイム1分33秒425に接近する1分33秒5を叩き出した。

ベイリスは71ラップと意欲的に走り込み、ホンダやヤマハ、カワサキ勢が参加した中でトップタイムをマーク。テスト後には、04年型マシンへの信頼感を取り戻したことを打ち明かした。

「今回のテストには大満足だ。僕たちは大きく前進した」と6月6日の第4戦イタリアGPに向けてのテストで、元スーパーバイク世界選手権王者は手応えを強調した。

「ニューマシンのことを深く理解することができた。今は早くレースがしたくて堪らない。今回のセッティングにより、危険を冒さずに限界まで走れるようになった。欲求不満のシーズンスタートとなってしまったけど、ドゥカティを常に信頼していたし、僕たちは今、いい方向性に向っている。」

Tags:
MotoGP, 2004, GRAND PRIX POLINI DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›