初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ギュントーリ: 「それしか方法がないんだ」

ギュントーリ: 「それしか方法がないんだ」

ギュントーリ: 「それしか方法がないんだ」

常にポイント圏内入りが果たせるライダーとして、プライベートマシンを駆けるトップライダーとして、シルヴァン・ギュントーリはテック3のテストライダーの経験を経て、同胞ランディ・ド・プニエが飛躍したカンペテーラ・レーシングから03年シーズンにフル参戦復帰を果たした。

昨年はランク10位。ファクトリーライダーたちが増したとはいえ、今年は昨年の流れを維持できると期待していた21歳のフレンチライダーだったが、序盤3戦を消化して、失望のリザルトだと認めた。

「3戦が終わって僅か1ポイント...衝撃的だよ」と語り始めるギュントーリ。「不安になることはない。03年終盤は良かったから、上手く行けると言い聞かせていたけど、その通りには行かなかった。バイクを上手く詰めきれないし、勢いが失われている。上位進出へのやる気、気力は決して失うことはないけど、戦うことが難しいんだ。とても厳しい状態だ。」

「昨年は僕たちのプライベートマシンで、名誉なポジション争いをすることができた。だから、僕は期待していたんだ。アッセンは3位表彰台を獲得したし、ザクセンリンクも手が届きそうだった。それに、リオとバレンシアではそれぞれ4位でフィニッシュ。その時期が懐かしい。僕は勝つために走っているんだ。」

「現時点では、2つしか出口がない。現状のバイクで集中すること。それか、嘆くことだ。それは決してポジティブな態度ではない。」

「だから、僕は戦うんだ。ブレーキングを遅らせ、コーナーに早く突入する。チームと一生懸命に働き、ファクトリーマシンの争いに割って入るんだ。それしか方法がない。」

Tags:
250cc, 2004, Sylvain Guintoli

Other updates you may be interested in ›