初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モリワキ、ヨーロッパ2連戦に向けてセパン・テスト消化

モリワキ、ヨーロッパ2連戦に向けてセパン・テスト消化

モリワキ、ヨーロッパ2連戦に向けてセパン・テスト消化

モリワキレーシングが先週、初のヨーロッパ参戦に向けてのセパン・テストを実施。アンドリュー・ピットが04年型ホンダRC211Vエンジンを搭載した最新型のMD211VFを走り込んだ。

「バイクは信頼性、操縦性ともに著しく進歩した」と3日間のテストを振り返る元スーパースポーツ世界選手権王者。第4戦イタリアGPを皮切りに、第6戦カタルーニャGP、第10戦チェコGP、第14戦マレーシアGP、第15戦オーストラリアGPへのワイルドカード参戦が決定している。

「04年型HRCV5エンジンを僕たちは使用する。この素晴らしいエンジンを使用でき、僕はハッピーだ。僕たちの目標を考慮すれば、まだ進むべき道は長いけど、マシンを乗るたびに走りやすくなっている。」

チーム監督の森脇護は、ピット同様にテスト成果に納得のコメントを残した。「もちろん、たくさんやることがあります。予定していたテストの目的に集中して、方向性は正しく、進歩が見られます。」

「MotoGPが発祥したヨーロッパのレースに、ワイルドカードとして参戦することを大変楽しみにしています。」

Tags:
MotoGP, 2004

Other updates you may be interested in ›