初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バロス、プレッシャーを認める

バロス、プレッシャーを認める

バロス、プレッシャーを認める

アレックス・バロスは、HRCのファクトリーライダーとして結果が要求されていることを認めた。1年間のヤマハを経て、タイトル獲得を目標とするレプソル・ホンダに迎えられたブラジリアンだったが、序盤3戦を消化して、その道には厳しく、セテ・ジベルナウやマックス・ビアッジといったサテライトチームに所属するライダーたちの後方に甘んじている。

「ホンダとレプソルは、2位になるために契約を結んでいる訳ではない」と説明するバロスは、フルウェットで行われたシリーズ第2戦スペインGPで3位表彰台をファクトリーチームにもたらせた。「そのプレッシャーがあるのは事実だ。だけど、ファクトリーチームに所属するライダーなら通常のことだろう。」

「特別なことは何もない。ヤマハでもそうだったが、ノーマルなことが起こっている。チャンピオンシップを制覇するために集中しているし、僕にはポテンシャルがある。チャンスがある。バイクもいい。セティングを詰めることに集中する必要があるし、僕たちはもう少し上のポジションに行けるはずだ。」

Tags:
MotoGP, 2004, Alex Barros

Other updates you may be interested in ›