初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、地元プレッシャーを耐えて

ロッシ、地元プレッシャーを耐えて

ロッシ、地元プレッシャーを耐えて

バレンティーノ・ロッシは大きなプレッシャーが押し寄せてくる地元グランプリを前に、そのプレッシャーを跳ね返す準備ができていることを明かした。

2戦連続して表彰台を逃したが、シリーズ第4戦イタリアGP(Gran Premio Cinzano d'Italia)では地元ファンにスペクタクロなパフォーマンスを披露することを強調した。

「ムジェロは常に大きなプレッシャーがある。僕にとっては1年で特別なレースだ」と2年連続優勝を飾っているロッシは話す。

「いつもイタリア国内のたくさんの報道関係者が駆けつけ、週末はたくさんの約束が控えている。だけど、何より地元ファンの前で走ることが嬉しいだ。パドックには綺麗な子もたくさんいるしね!ハードな週末になるだろうけど、全てが終了した日曜の夜には、ほっとする時がくるだろう。」

他のライバル・ファクトリーとは異なり、ヤマハは冬期期間中にムジェロ・テストを実施せず、ロッシにとっては、金曜朝のフリー走行がM1初ライドとなる。

「ムジェロは、ヤマハに適したコースだと思う。特に方向転換においては有利だ。シケインやタイプの異なるいろいろなコーナーがあり、そこで僕たちはアドバンテェージを得ることができるだろう。問題はメインストレートだ。」

「ル・マンのレースウイークはハードだった。期待していた順位でフィニッシュできなかったけど、翌日のテストで、確かな進歩があったのは収穫だった。M1でムジェロを走りたい。昨年は全ライダーが100%を尽くしたパーフェクトなレースだった。今年もファンはスペクタクロなバトルが観られることは間違いないよ。」

Tags:
MotoGP, 2004, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›